先日緊張でバクバクの中、彼女のご家族と同棲の挨拶を無事に済ませてきました。

「今は同棲も普通だよね~」なんて僕たちは思っていましたが、

「籍も入れていないのに同棲だと!?」と僕たち親世代は思う人も多いみたいです。

このため入籍せずに同棲の許可をもらう方が、結婚の許可をもらうよりもハードルが高いとも言われています。

 

ちなみに僕たちは、なんとか無事に同棲の許可は頂けて家探しできるようになったので、

どのように話したらうまく納得してもらえたのか、気を付けるポイントなど自分で考えたこと、調べたことを紹介します。

 

入籍せずに同棲したいけど、両親にどういう風に説明たらいいのか悩んでいる方は参考にしてみてください。

入籍前の同棲を彼女のご両親に納得してもらうポイント

反対するご両親に納得してもらい、入籍する前に同棲するためにはいくつかポイントがあります。 

前提として(得に女性側の)ご両親は次のような不安があることを理解しましょう。 

 

 

「入籍せずに同棲して捨てられたら娘が可哀想だ。」
「結局入籍せずに婚期だけダラダラ伸ばされる娘は見たくない。」

「結婚せずに同棲して、妊娠したら?最悪シングルマザーになったらどうするんだ」

 

いろいろ書いてますが、結局ご両親の一番の不安って、

娘が結婚できなかったらどうしてくれるんだ・・・

これが一番だと思います。

 

娘さんを思うご両親の気持ちに寄り添いつつ、結婚など先のことも考えており、その上でなぜ籍を入れる前に一緒に住みたいのかその理由をご両親に納得してもらえる形で説明することが円満に解決するポイントになります。

 

 

入籍前の同棲を納得してもらえる理由とNGな理由

それじゃあどんな理由なら、ご両親に納得していただけるのでしょうか。

また反対にダメな理由ってどんなのか調べてみました。

納得してもらえる理由

・結婚前提の同棲である

・同棲期間の期限を決めている

・入籍する日を二人で決めている など…


繰り返しになりますが単純に一緒に住みたい!というだけでなく、
結婚について先のこともしっかり考えてますよ。っていうのがポイント。
やはりご両親からすると、娘が結婚でき傷つくんじゃないか、というのは大きな心配だと思いますので。

 

僕らの場合は上記を踏まえてこんな感じで伝えました。

 

結婚も考えておりそのうえで入籍は年が明けてからしたい。
それに加えて、結婚しても子どもを作るまで1~2年は二人の時間を楽しみたいという理由があったので、そのことを考えると先に一緒に住んだほうが年齢的にも時間が無駄にならないと考えています・・・

 

つづいてダメな理由

・とにかく一緒にいたい

・お互いの時間を確保するために、近くで住みたい

・一緒に住まないとわからないこともあるので・・・

 

とにかく一緒にいたい

一緒にいたいという気持ちはもちろん大切ですが、そんなことは当たり前なので、

それだけだと、じゃあ結婚すればいいじゃないか、となってしまいます。

 

お互いの時間を確保するため

また結婚するかどうかわからないけど、二人の行き来する時間がもったいない・・・といった理由も、
親からすると別れたらどうするんだ、という不安材料になるみたい。

 

一緒に住まないとわからないこともある

これはまっとうな意見だと思いますし、僕の周りの夫婦も先に同棲した方がいい!と勧める人が多いです。

ただ長年二人でいろんな壁を乗り越えてきた、僕たちの親世代からすると、

籍を入れていなければ、壁にぶつかったとき、簡単にあきらめてしまうのではないか?
というのがやはり懸念材料になるみたいです

 

挨拶に行くときに気を付けること

人は第一印象、とくに見た目で判断しがちです。

 

いざ彼女のご両親にあいさつに行く場面で、

第一印象でつまづいてしまうのはもったいないですよね。

 

ここでは最低限気をつけるべきポイントを紹介します。

 

身だしなみはきちんとしていきましょう。

髪の毛、髭、爪などはきれいに整えて清潔感に気を付けましょう。

いくら綺麗な恰好をしていても髪の毛ボサボサ、爪伸び放題とかだと印象はよくありません。

 

あいさつに行くときの服装は?

スーツで行くべきかどうか、これは僕も迷いました。

 

僕の場合、同棲するしない関係なくとりあえず一度会ってみたら?という感じで近くで食事をする形だったので私服で行きました。

 

初めてご両親に挨拶する場合や、実家にお邪魔させてもらう場合で、同棲の挨拶に伺いました!なんて雰囲気の場合はスーツの方が無難です。

 

僕のように何度か面識があったり、
近くでとりあえず食事しながら・・・という場合だとスーツだとかえって相手側が引いてしまうかもしれませんのでそのあたりは見極めが重要。

 

その辺はどんな感じがいいのか、彼女にやんわりと探りを入れてもらう方が無難です。

 

挨拶に行くときの手土産は?

手ぶらで行くのも気が引けるので、手土産を持っていった方が好印象。

特に自宅に上がらせてもらう場合などは持参するのがマナーです。

 

別に高級じゃなくてもいいので、日持ちするちょっとした焼き菓子とかでいいと思います。

家にお邪魔するときは、ケーキとかだとみんなで一緒に食べれるものもいいと思います。

 

あとはもし地元の名物や仕事関係で話のネタになるものがあればそれを持っていくと、
話のネタにもなるし、自己紹介がわりにもなるのでいいと思います。

 

例えば僕は地元で美味しいと言われているカステラを持って行ったりして、
カステラはどこのお店が美味しいとかそんな世間話や、出身の長崎の話で盛り上がったりできます。

 

同棲のあいさつの時に緊張しないためにやること

 

彼女のご両親に挨拶なんて人生でそう何度も経験するものじゃありません。

 

僕もめっちゃ緊張しました。

 

緊張しないためにやったことを紹介します。

就活や転職での面接でもそうですが、僕は出来る限りの準備と練習を頑張って、
これだけやったんだから、あとはなんとかなる!という状態に持っていくことで緊張も和らぎます。

練習する内容としては、だいたい次のようなことをメインにやりました。

  • 事前に話す内容、質疑応答を考えイメトレしておく
  • 彼女と仮想質疑応答を声に出して練習する
  • こんだけやったらいけるやろ!のレベルまで練習する

 

頭で思っていてもなかなかうまく口から出ないので、
これは本当に彼女と声に出して受け答えの練習した方がいいです。

 

こういう風に聞かれたら、こう答えよう。とか、こういう質問が来たら、フォロー入れてね、
とかある程度会話を想定して2人の意思をすり合わせておくことも重要です。

 

注意点としては、
あまり練習しすぎて、棒読みみたいになってしまうと怪しいです。(笑)
なるべく相手と会話をしながら、受け答えしながら話すようにした方がいいと思います。

 

 

ちょっとくらい失敗してもいいやと気楽に思うことも重要

とは言っても友人の話を聞いていると、みんな完璧にできる人なんていないし、何かしら怒らたりすることも多いみたいです。

 

そりゃあはじめての挨拶なんて出来ないことの方が多くて当たり前です。

 

ある程度のことは、はじめてだし仕方ないやーと思えるくらい気持ちに余裕を持つことも大事です。

 

いくら親の意見が大事だと言ってもら最終的に自分たち二人で決めることですので。

 

まとめ

なんだか長くなったのでここまでの内容をまとめます。

 

彼女のご両親に、入籍前の同棲を認めてもらうには重要なポイントは下記になります。

 

・結婚前提でないとかなり厳しい・・・

・その上でなぜ入籍でなく同棲が先なのか理由をはっきり

   (入籍の日程など考えているのなら◎)

・第一印象に気をつけてこいつなら大丈夫だなと思われるよう努力する

・話す内容など彼女と意見をすり合わせておく

・第一印象も重要。 無難に印象良く。

 

 

こんな感じですかね。あとは緊張しないよう事前準備をしっかりやってけば大丈夫だと思います。

とりあえず、僕たちはこれで同棲することの許可ももらえました。

 

 

追記

彼女のお父さんとお話ししたときは、

「個人的には入籍が先だと思うけど、3か月後、半年後、とか2人で入籍する意思を持って入籍するのなら、先に同棲でもいいんじゃない?」と言っていました。

 

でもそれからいろいろ話を聞いていると、やっぱり本心では先に入籍してほしいみたいです。

2人の意見を尊重したからそんなに強くは言わないけど・・・みたいなタイプの方だったので。

 

そこまで入籍する時期にこだわりがあるわけではないので、

入籍の時期は早まりそうなきがしてきました。(笑)